본문바로가기
  • 検索
  • ニュースレター
  • お問い合わせ
  • セールスネットワーク
  • Connect KEC

About KEC

ニュースルーム

News KEC、中長期ビジョンおよび戦略事業への集中的推進による実績好調が続く

◇1分期(1-3月期)の実績発表、売上額607億ウォン(約57億円)・・・ 2017年4分期(10-12月期)以後、最大の売上げ◇自動車/産業装備/家電メーカー新製品適用領域の拡大により、第2四半期(4-6月期)にも好実績の見込み “半世紀を越え、100年企業に向かって!”非メモリー電力半導体専門会社のKECが、2020年から成長中心に変化した経営戦略に着手し、戦略事業への集中的推進により、事業成果の実績発生が本格化していると明らかにした。 KEC関係者によれば、最近、国内/外の有名自動車、産業用装備、家電製品メーカーで、KECの製品を相次いで承認および量産に突入し、未来型電装半導体と産業用電力半導体市場の拡大に速度を上げていると明らかにした。 この1年間の成果は、KECが去る17日に公示した1分期(1-3月期)の実績にそのまま反映されている。 (K-IFRS連結財務諸表基準) 売上額607億ウォン(約57億円)、営業利益27億ウォン(約2億6,000万円)、当期純利益は164億ウォン(約15億5,000万円)を記録し、売上額は前年同期比32%増加し、3年6ヶ月ぶりに最大の売上げを記録した。 KEC関係者によれば、主な売上源であり、過去50年間、揺らぐことなく定着してきている小信号TRとDiode製品が電装分野に適用が拡大する一方、戦略事業であるパワーディスクリート(Power Discrete)製品群のうち多くのIGBT製品および、 スーパージャンクションMOSFET (Super-Junction MOSFET)製品が国内外の有名産業および、家電企業らにデザインウィン(Design-Win)を達成し、中長期成長製品群の売上げ上昇が本格化していると明らかにした。  KECは顧客の物量対応のため、生産体制を昨年末からフルカパ(最大値)で稼動中だと明らかにし、新型コロナによって低迷している国内外産業の景気が回復し、産業装備および家電市場に電力半導体の需要が急増しており、電装半導体市場もまた今年、待機需要およびEV車両中心の新車発売の効果などで製品の新規需要が増加し、第2四半期(4-6月期)および下半期(7-12月期)にも、非常に力強い売上げ好調の傾向が続くものと予想されると明らかにした。 さらに、全世界的な半導体供給難による収益中心のAllocation供給転換体制により、収益性の改善も相当な売上げ利益効果につながる見込みだと明らかにした。 KECのパク・ナムギュ代表取締役は”KECはVision 2025宣言後、商品ポートフォリオの強化により製品競争力を高め、グローバル流通社との戦略的協業を始め、流通チャネルを強化している。 最近、協業を推進しているグローバル最大の電子部品メーカーのアロー(Arrow Electronics)は、世界最大の半導体市場である中華圏チャネルビジネスの強者であり、KECの中国市場占有率の拡大が早く達成されるものと予測しており、KECもまた、中国の現地専門家であるRMD (Regional Marketing Director)を招聘して積極的な中国パワーの市場拡大戦略を強化している。 改善された製品性能による競争力の向上と流通チャネルの革新、地域専門技術プロモーションの強化、国/内外製造供給Capaの拡大により、売上げと収益性を持続的に高めて行く計画”と明らかにした。

2021-05-18
News KEC、公式ウェブサイト(keccorp.com) 改編

KEC (ケイイーシー、代表取締役 キム・ハクナム、代表取締役 パク・ナムギュ)がKEC公式ウェブサイト(keccorp.com)を改編したと発表した。 KEC側は改編されたウェブサイトが、KECが保有するさまざまな製品ポートフォリオを、さらに気軽に確認して検索することができるように構成されており、今回の改編と共にKECウェブサイトの公式ドメインをkec.co.krからkeccorp.comに変更したという。 改編されたKECウェブサイトは、反応型ウェブとして開発され、携帯電話およびタブレットでも最適化されたUIでアクセスが可能だ。KECは今年4月に超グローバル最大流通会社のArrowとの契約を皮切りに、海外市場の占有率増大に拍車をかけている。 これに対し、改編されたウェブサイトは韓国語だけでなく英語、日本語、中国語を支援し、製品検索機能を強化し、海外の顧客がより一層手軽にKECの製品情報を確認できるようにしている。 またKECのビジョンと企業哲学をとり入れ、株主および投資家にも信頼をもって提供することができるように構成されている。KECのパク・ナムギュ代表取締役は“改編されたウェブサイトは、海外の顧客も気軽にKECの製品情報にアクセスできるようにすることに重点を置きました。 これは、韓国内はいうまでもなく、海外市場にもブランドの認知度を高めていくためのステップになるでしょう。”と述べた。KECはグローバル家電および自動車メーカーらと活発に協力し、競争力のある製品ポートフォリオを備えていっている。 また、電気自動車、5Gネットワーク / Server、新再生エネルギー、Wearable IoTなど、未来市場の領域を準備するためのポートフォリオの強化に力を入れ、グローバル市場の攻略に拍車をかけている。

2021-04-16
News KEC、グローバル最大の電子部品流通社Arrowと流通契約を締結

  KEC (ケイイーシー、代表取締役 パク・ナムギュ、代表取締役 キム・ハクナム)が4月6日、グローバル最大の電子部品および、ITソリューション流通社であるArrow Asia Pacific(以下「アローアジア」という)と流通契約を締結したと明らかにした。 アローアジアはアジア全域13ヶ国に70の流通チャネルを保有しており、18,000を越えるメーカーおよび、顧客に半導体、受動素子、電子器具の部品および、コネクターなどの電子部品を供給しているグローバル屈指の流通社である。  KECのパク・ナムギュ代表は“グローバル トップの流通会社であるアローアジアとの今回の契約により、中国をはじめとするアジア市場の占有率の早い成長を期待しており、アローアジアはAutomotive (電装、Industrial (産業)、Consumer (家電)市場のしっかりした顧客基盤を確保しており、KECは該当市場に適合した競争力のある製品ポートフォリオを保有しており、シナジー効果が大きいだろう.”と言って、期待感を表わした。 アローコリアのソ・ヤンベ支社長は“KECはアローがグローバル契約を締結した初めての韓国系半導体メーカーとして意味が大きい。 KECはパワー半導体の設計能力と生産力を兼ね備えており、競争力のある製品ポートフォリオと品質を備えている。 アローの幅広い顧客カバレッジをベースに、今後緊密に協力していき、それにより両社間のビジネスが一段階成長することを期待する。”と明らかにした。 本契約を基に、KECはVision2025達成のための海外市場の優れた技術営業力と巨大販売網を確保することになり、アローアジア側は中国、日本、台湾、シンガポール、インドなどAPAC全域にKEC製品のプロモーションと販売を始める予定である。 

2021-04-08
News KEC、自動車用LDO電圧レギュレーターの新製品を販売開始

 KEC(ケイイーシー、代表 ファン・チャンソプ)が自動車用LDO(Low Drop Out)電圧レギュレーターの新製品KIC3244F00シリーズを販売開始したと明らかにした。LDO電圧レギュレーターは自動車の不規則な電源シグナルを、安定したシグナルで供給する役割をする電力半導体だ。 この新製品は1.2V ~ 5.0Vまで、状況により調整可能な出力電圧を提供し、自動車インフォテインメントシステムに最適化された製品であり、カーオーディオおよびナビゲーションシステムに適用が可能だ。本商品は、従来のように大型電解キャップの代わりに、小型のセラミックキャパシタの適用が可能な製品であり、PCB設計面積を減らすことができ、OTP(Over Temperature Protection)、OCP(Over Current Protection)などさまざまな回路保護機能を搭載している。 また、自動車の電子認証規格であるAEC-Q100認証を取得し、自律走行の核心技術であるADAS(先端運転手補助システム)にも活用が可能だ。 本商品は販売開始と同時に、ロシア最大自動車メーカーの新製品車両に搭載される予定であり、新製品のLDO製品以外にも、16のKEC製品が該当車両に共に供給されて搭載される予定だ。   KECは中長期計画である‘Vision 2025’宣言以後、電力半導体新製品の開発と販売開始、ソリューション化に邁進し、電装、家電、5G産業、新再生エネルギーなどさまざまな市場と顧客を対象に目標達成を実現していっている。

2020-11-24
News KEC韓国内初BootstrapDiodeが内蔵された3-Phase 600V Gate Driver ICソリューションを販売開始

◇ Gate Driver IC製品の販売開始でパワー半導体ソリューション会社に跳躍◇ Vision 2025宣言後、戦略的IC新商品の開発を通じた技術競争力の革新◇ 韓国内有数の家電メーカーの新製品企画協力を通じた成果と海外市場拡大計画KEC(ケイイーシー、代表 ファン・チャンソプ)が韓国内初にブートストラップダイオード(以下「BSD:Bootstrap Diode」という)が内蔵されたゲートドライバIC (Gate Driver IC)とIGBTソリューションを発売すると明らかにした。韓国内の主な家電メーカーらは、ゲートドライバIC搭載適用の際、特定外国産の半導体を使用してきた。 しかし、最近、韓国内有数の家電メーカーの冷蔵庫の新モデル要求事項に海外有数の半導体会社らも技術制空力を満たすことが出来ていない状況において、KECはこれを実現するソリューションを提案した。BSD内蔵ゲートドライバIC使用の際、家電メーカーは製品の原価を削減しながらも、回路の大きさを縮小することができる。 KECはBSDが内蔵されたゲートドライバICの品質と特性を立証する一方、同時にNTC(Negative Temperature Coefficient of Resistance)なく外装TSD(Thermal Shut Down)回路とこれに適合したIGBTを提案した。 このような統合ソリューション商品の開発支援により、外国の先進半導体メーカーらとの競争において、堂々と技術力を立証し、パワー半導体の国産化を可能にした。 また、これによりKECは、ゲートドライバICを使用するグローバル市場にも事業拡大を期待することができるようになったKECのパク・ナムギュ事業本部長は“今回販売開始するゲートドライバICはチャンネル当り12V~20Vの駆動電圧でIGBT、MOSFETを駆動させることができるラインナップを構成している。 また、過電流防止回路、デッドタイム機能、スイッチングの損失を最小化するクロスコンダクション防止回路などさまざまな内蔵保護機能があり、特に下側電源に対する独立的な低電圧ロックアウト(UVLO)機能と全チャンネルに対するゲートシグナル伝達遅延マッチング機能を内蔵している。 これにより適用商品は安定したモーター駆動

2020-11-02
News KEC、‘SET設計の際、見落としてはならないIGBT & MOSFET特性’ウェブ セミナーを開催

  KECが来る10月21日の水曜日午前11時に非対面技術セミナーを開催する。 KECは定期的に協力会社のセット開発および、設計エンジニアを招請し、各半導体素子の特性に関する技術セミナーを数年間行ってきた。 今回の2020年7-9月期からは、新型コロナのため、ウェビナー(Webinar)形態のOnline方式で進められる。 KECは今回のウェビナーを通じてIGBTとMOSFETの基本特性だけでなく、自動車部品や家電製品、モーターコントロール製品などのセット設計の際、セットが必要とする最適なIGBTとMOSFET製品を選択する方法についてノウハウを分け、KEC製品を通じて協力会社のエンジニアがさらに効率的な開発ができるよう支援する計画だ。 KECは今回のウェビナーが協力会社の関係者だけでなく、普段、半導体に関心が多いか、学習が必要な人に大変役立つと期待している。 “KECは急速に変化する顧客ニーズを満たすため、オンラインを通じた技術支援とプロモーション活動を活性化し、より一層顧客に寄り添ったマーケティング活動を展開する。 過去、KECが小信号製品の開発と販売が中心だったが、変化したKECは製品ポートフォリオを電装と電力半導体に拡張しており、業界最高水準のR&Dとマーケティング人材を大挙採用し、その技術を顧客に新製品をもって続けてお届していく”とKEC関係者は伝え、また、“すでに韓国内家電メーカーおよび自動車メーカーのエンジニアが大挙参加申請を完了している”と明らかにした。 KECウェビナーはKECウェブサイト(www.keccorp.com)を通じて申し込めば参加が可能だ。

2020-10-20
News KEC、電装および電力半導体への投資を本格化

◇ 電装用パワー半導体市場の確保および、市場の需要への対応ための施設投資に出る。KEC(ケイイーシー、代表 ファン・チャンソプ)が施設資金および運営資金目的で400億ウォン(約37億8,000万円)規模の転換社債(CB)の発行を決定したと14日公示した。5年満期で発行される今回の転換社債の表面利率と満期利率全て'0'、リフィクシング(転換権の下方調整)下限は80に設定された。 投資家の立場では、肯定的な条件ではないものの、それでも発行会社の成長可能性が高いと判断したわけだ。最近、KECの歩みを見ると、投資家の判断がある程度納得が行く。 最近、テスラ自動車に搭載される部品承認を含め、自動車用空調システム(HVAC)市場への参入など、電装用半導体分野を強化しており、同時にパワー半導体であるスーパージャンクション MOSFET(Super-Junction MOSFET)を韓国内有数の家電企業への供給を控えているなど、従来の小信号中心の製品ラインナップ(line up)から高附加価値の電装、電力半導体に体質を変貌させようとしている。会社関係者によれば、同社は去る2019年に、50周年記念式に合わせて発表した'Vision 2025中長期計画'の推進により、市場および商品の多角化を推進しており、このような会社の中長期計画に対してKEC投資家は会社の未来価値を高く評価しており、会社の変貌している様子と電装および電力半導体投資に対して非常に肯定的に判断し、積極的な投資参加を決定することになったと明らかにした。また、今回確保された財源で電装および、大電力半導体の開発および量産のための施設投資また、優れた核心エンジニアリング、さらにマーケティング専門人材の確保に集中し、これを土台に製品と事業のポートフォリオの拡張によるグローバル電力半導体会社としての参入を加速化する計画だと明らかにした。 

2020-10-15
News KEC、LV MOSFET製品ラインナップ強化で電装 HVAC 本格市場攻略を拡大

◇ 電装HVAC部品の国産化を先導し、グローバル電装半導体市場攻略のための踏み台を用意◇ KEC LV MOSFET新製品電装用部品の信頼性評価規格AEC-Q認証、耐久性・安定性を強化KEC(ケイイーシー、代表 ファン・チャンソプ)がLow Voltage MOSFET (以下「LV MOSFET」という)製品のラインナップを強化し、自動車空調システム(Heating,Ventilating and Air Conditioning;HVAC)市場の拡大に出た。現在、韓国内有数の自動車メーカーに空調機を納品中の協力会社が、KECのLV MOSFET製品KFS70N06Kの承認を完了し、残りの主な3社も承認のための検証を進めており、これにより年間韓国内自動車生産規模(2019年度基準)の80%に達する車両に本新製品の適用を計画している。自動車空調システム(Heating,Ventilating and Air Conditioning;HVAC)は、自動車内外部の空気の流れと冷却水の循環を利用して自動車内部の空気を快適にする装置だ。 KECのKFS70N06K製品は空調システムの核心部であるモーター駆動部(Blower Motor)に適用される。新製品のKFS70N06Kは、耐久性と安定性が強化された製品であり、電装用部品の信頼性評価規格であるAEC-Q認証を取得しており、対競合製品比の安全動作領域が50%ほど拡張されており、最大175℃の定格温度を満たすことにより、車両の耐久性維持に核心的な役割を果たす。 またTO-247パッケージを採用し、放熱特性を最大化した製品だ。KECのパク・ナムギュ事業本部長は“これまで韓国内の自動車HVACモーターの駆動部に使用された多くの部品は、外国産を使用してきたが、今回の新製品により部品の国産化を実現することができるようになった。 今回の車両用HVAC市場の拡大は、KECの電装半導体市場の占有率の拡大に速度をあげ、グローバル自動車市場攻略のための踏み台になるだろう”と明らかにした。KECは去る2019年、創立50周年を迎えて宣言した中長期ビジョンにより、グローバル電力半導体専門会社として跳躍するために急ピッチで動いている。 特に電装半導体市場はKECの重点事業領域であり、グローバル電気自動車および、従来の内燃機関自動車メーカーらと活発に協力し、製品承認に速度をあげ、売上げ増大を狙っている。 それだけでなく、5Gネットワーク/Server、新再生エネルギー、Wearable IoTなど未来市場領域を準備するためのポートフォリオの強化に邁進している。[KEC企業の紹介]KECは1969年に韓国電子ホールディングスとして設立され、韓国の電子産業と歴史を共にしてきた半導体専門会社である。 2006年に半導体製造部門がKECに分割された。 非メモリー電力半導体を中心に長い間、韓国内有数の家電、自動車メーカーと協力してきており、日本、米国、中国でも輸出比重を高めている。 最近、電装用パワー半導体市場の確保および、急変する市場の需要に対応するため、亀尾工場に8インチIGBT(電力半導体)と小型電子半導体部品工程の投資、海外生産拠点に次世代アセンブリパイロットラインを構築し、自動車と産業用市場にいち早く対応し、グローバル電力半導体先頭会社を目標に突っ走っている。

2020-10-05
News KEC、電装/産業用ゲートドライバIC販売開始で本格ICビジネスに突入

◇ レギュレーター内蔵 3相MOSFETドライバの販売開始で自動車部品技術を国産化◇ 個別半導体(Discrete)とIC(Integrated Circuit)まで統合ソリューションの提供社に変貌◇ 新製品を通じてモーターを使用する一般家電、産業用市場まで拡大を攻略KEC(ケイイーシー、代表 ファン・チャンソプ)が自動車および産業用ゲートドライバIC (Gate Driver IntegratedCircuit)製品を自社開発して販売開始し、本格的にICビジネスに突入すると明らかにした。 KECは本商品により、グローバル自動車メーカーが必要とするゲートドライバICの核心技術の実現に成功し、開発能力を立証し、今後、個別半導体(Discrete)とIC(Integrated Circuit)の統合ソリューションの提供社に変貌しようとしている。今回発売された製品は、レギュレーターが内蔵された3相MOSFETドライバ(Three-Phase MOSFET Driver with Integrated Regulator)製品であり、自動車のエンジンオイルポンプとウォーターポンプのモーター駆動部の電力を常時安定的に制御する役割をする。 現在、外国産の半導体に全面的に依存している韓国内自動車市場の部品国産化にも大きく寄与するものと予想され、自動車のエンジンルームが必要とする高い水準の信頼性(AEC-Q100)と量産性を全て確保している。この3相MOSFETドライバ(KIB2040QN)は、QFN-28パッケージを使用し、内部LDO電圧は顧客の便宜目的により、3.3Vと5.0Vの2種類で設計されている。 一度に6つのパワーMOSFETコントロールが可能であり、常時モーター電力と信号を安定的に制御する。 海外の先進社の製品と性能の比較においても遅れをとらず、優れた電装用の信頼性を立証されており、韓国内だけでなく海外の電気自動車にもプロモーションが進んでいる。また、自動車以外にも、産業用電動工具(e-Tool)、空気圧縮機、真空掃除機などさまざまなモーターApplicationに適用が可能だ。 KECはゲートドライバICのグローバル市場が、2025年までCAGR (年平均成長率) 6.3%、市場規模20億ドルに達する大きな成長が見込まれるにともない、自動車市場だけでなく、モーターを使用する一般家電や産業用機器市場を拡大攻略し、グローバル市場占有率と売上げ、利益を高めていく計画だと明らかにした。KEC事業本部のパク・ナムギュ副社長は“KECはこの50余年間、半導体市場で構築してきたしっかりしたビジネスインフラを保有している。 今回、本格的自動車用Gate Drive IC新製品の販売開始により、従来の顧客に個別半導体(Discrete)製品だけでなく、ICまで統合ソリューションを提供する段階に進んでおり、持続的に高密度高効率(High Density & High Efficiency)パワー半導体とソリューションの供給を通じて、利益の増大と高付加価値のKECブランドイメージを確立していく”と明らかにした。KECは2019年に中長期ビジョンと事業成長ロードマップを発表後、優れた核心エンジニアリングおよび、マーケティング専門人材の確保と営業チャンネルの拡大など、未来成長のために総力をあげている。グローバル電気自動車および既存の内燃機関自動車メーカーらと白色家電、5GネットワークServer、新再生エネルギー、Wearable IoT顧客対象のパワー半導体新製品の開発と販売開始、ソリューション化に邁進し、製品と事業のポートフォリオ強化の戦略達成を実現していきつつある。

2020-09-21
News KEC、SJ MOSFET韓国内家電メーカーらの量産承認で 売上げ上昇を期待

KEC、SJ MOSFET韓国内家電メーカーらの量産承認で 売上げ上昇を期待半導体専門会社のKECが最近、販売開始した電力半導体製品のうち、スーパージャンクション MOSFET(Super-Junction MOSFET。以下「SJ MOS」という)製品群が韓国内有数の家電メーカーの2021年主力生産モデルに量産適用の承認を受けたと明らかにした。 SJ MOSFET製品群は平均販売価格が小信号製品であるSSTR、ダイオード(Diode)の少なくとも20倍以上であり、KECの売上げ上昇に相当な寄与をするものと見ている。KECの電力半導体新製品は韓国内ディスプレイ、家電、電子機器および自動車メーカーから性能と品質の優秀性を認定されている。 特にSJ MOSFET製品群は電力用半導体が備えなければならない高いエネルギー効率性と、システム信頼性に最適化された商品であり、最近、家電製品モデルに使用されてきた有数の外国製半導体製品より性能と品質、技術サービスにおいて先をいっているという評価を受け、2021年度の主な開発モデルとして承認採択を受けている。KEC事業本部のパク・ナムギュ副社長は、“KECは、この50年間、SSTR、ダイオード(Diode)を主力ビジネスとして国内外有数の企業らと信頼を築いてきた。これを基に、大電力用Discrete製品群であるSJ MOSとIGBT以外にGate Driver ICとPower ICおよびSiC,GaNを利用した高付加価値の新製品を大挙販売開始する計画である。 また、韓国内だけでなく、グローバル市場をターゲットに、R&Dとマーケティング、営業チャンネルの拡大に総力をあげている。 今回、韓国内の家電市場に適用されるSJ MOS製品群は、早ければ今年10月末から初の出荷が予想される。”と明らかにした。 さらに“SJ MOS製品は小信号製品より平均単価が20~30倍高い。 IGBTは対小信号製品比100倍以上単価の高い製品が、自動車メーカーなどから量産検証を受けていることもある。 これは売上げだけでなく利益増大と事業構造の改善に相当な効果を発揮すると予想している。 また、市場の需要が当初の予想より高まっており、設備投資と品質管理も並行して行い、供給に支障がないよう万全を期している”として事業成功に自信を示した。

2020-09-07
1 2 3