본문바로가기
  • 検索
  • ニュースレター
  • お問い合わせ
  • セールスネットワーク
  • Connect KEC

About KEC

ニュースルーム

◇ Gate Driver IC製品の販売開始でパワー半導体ソリューション会社に跳躍
◇ Vision 2025宣言後、戦略的IC新商品の開発を通じた技術競争力の革新
◇ 韓国内有数の家電メーカーの新製品企画協力を通じた成果と海外市場拡大計画




KEC(ケイイーシー、代表 ファン・チャンソプ)が韓国内初にブートストラップダイオード(以下「BSD:Bootstrap Diode」という)が内蔵されたゲートドライバIC (Gate Driver IC)とIGBTソリューションを発売すると明らかにした。

韓国内の主な家電メーカーらは、ゲートドライバIC搭載適用の際、特定外国産の半導体を使用してきた。 しかし、最近、韓国内有数の家電メーカーの冷蔵庫の新モデル要求事項に海外有数の半導体会社らも技術制空力を満たすことが出来ていない状況において、KECはこれを実現するソリューションを提案した。

BSD内蔵ゲートドライバIC使用の際、家電メーカーは製品の原価を削減しながらも、回路の大きさを縮小することができる。 KECはBSDが内蔵されたゲートドライバICの品質と特性を立証する一方、同時にNTC(Negative Temperature Coefficient of Resistance)なく外装TSD(Thermal Shut Down)回路とこれに適合したIGBTを提案した。 このような統合ソリューション商品の開発支援により、外国の先進半導体メーカーらとの競争において、堂々と技術力を立証し、パワー半導体の国産化を可能にした。 また、これによりKECは、ゲートドライバICを使用するグローバル市場にも事業拡大を期待することができるようになった

KECのパク・ナムギュ事業本部長は“今回販売開始するゲートドライバICはチャンネル当り12V~20Vの駆動電圧でIGBT、MOSFETを駆動させることができるラインナップを構成している。 また、過電流防止回路、デッドタイム機能、スイッチングの損失を最小化するクロスコンダクション防止回路などさまざまな内蔵保護機能があり、特に下側電源に対する独立的な低電圧ロックアウト(UVLO)機能と全チャンネルに対するゲートシグナル伝達遅延マッチング機能を内蔵している。 これにより適用商品は安定したモーター駆動