본문바로가기
  • 検索
  • ニュースレター
  • お問い合わせ
  • セールスネットワーク
  • Connect KEC

品質と信頼性

紛争鉱物コンプライアンス

紛争鉱物とは?

紛争鉱物とは、コンゴやウガンダのような紛争に関わった国家で、戦争や犯罪行為を通して生産される天然資源のことです。 紛争鉱物によって作られた基金は、紛争地域の武装団体に資金を支援し、採掘過程で児童労働、強制労働、女性虐待などの人権侵害を引き起こす可能性があります。 最も一般的に採掘される4種類の紛争鉱物(3TG)はカシテライト(スズ用)、ウルフラマイト(タングステン用)、コルタン(タンタリウム用)、金鉱石です。 紛争鉱物規制とは、紛争地域における暴力や搾取を防止するために、企業の紛争鉱物の使用を制裁する規制のことです。 KECは紛争鉱物が自社の製品生産の供給鎖に含まれないようにするために供給業者に鉱物の原産地証明書を定期的に要求しています。 KECはこれを通じて世界的人権を保護する社会的責任を果たすために、今後も努力してまいります。

KEC 紛争鉱物の現況

KECは厳格な鉱物供給業者の管理を通じて紛争鉱物の使用を原則的に禁止しており、紛争鉱物を使用する場合はコンゴ地域の紛争に寄与していないことを明らかにしなければなりません。 KECは4大紛争鉱物の中でスズと金を製品に使用していますが、原産地が紛争地域に該当する件はありません。 次のとおり、当社の紛争鉱物の使用状況についてご案内いたします。

Minerals Country of origin
Cassiterite(for tin) China, Malaysia
Coltan(for tantalum) -
Wolframite(for tungsten) -
Gold ore Europe, USA, Asia, Australia
KEC 紛争鉱物対応現況

KECは購入手続きを通じて紛争鉱物を持続的に管理しています。 KECの協力会社は「紛争鉱物–スズ(Sn)、タンタリウム(Ta)、タングステン(W)、金(Au)の使用有無を毎年報告しなければならず、もし紛争鉱物を使用する場合、コンゴ地域の紛争に寄与しなかったことを明らかにしなければなりません。 KECは全てのKEC製品の供給及び管理業者において韓国の供給網の透明性を保証し、EICC実査報告を採択します。

KEC Corporationは社会的責任あるサプライヤーに資源調達を依存しています。 これはDRCと周辺地域から来た資源が非紛争鉱物であるかを確認するだけでなく、他の地域から来た一般業者の資源であることを意味します。

KEC Corporationは Dodd-Frank 規定とすべての必要な宣言を提供しています。

サプライヤーは鉱山で直接資源を採取していないか、特定の資源を確認していない場合は、必ず供給チェーンに要求事項を通過させなければなりません。

非遵守サプライヤーはこのような要求事項について、今後のビジネスのためにグローバル商品管理について検討しなければなりません。